WindowsLiveメール設定

メール設定<新規登録>

下記の説明は、Windows版 WindowsLive2012 メールの設定変更の手順です。
バージョン違いのメールソフトご利用の方は、画面イメージが少し異なります。

STEP

WindowsLiveメールを起動します。
01

メールの設定に必要な書類「設定完了通知書」をお手元にご用意下さい。

STEP

[アカウント]をクリックします。
02

STEP

[電子メール]をクリックします。
03

STEP

電子メールアドレスを設定します。
04
電子メールアドレス 設定完了通知書電子メールアドレス
それに対するパスワードを入力します。
パスワード
表示名

送信先へも見える部分になるので、差出人が判別しやすい名称にしておく事をお薦めします。

STEP

設定を一度、完了します。(続きがあります)
05

今は完了ボタンをクリックします。

STEP

該当メールアドレスを右クリックし、プロパティから詳細設定を追加します。
06

STEP

サーバーの設定をします。
07

「全般」タブでは、ステップ4で設定した内容が表示されます。

STEP

サーバー情報の変更・確認をします。
08

設定完了通知書を確認しながら、
受信メールサーバー・送信メールサーバー共に変更がある場合はこちらを書き換えます。
同様に、併せてユーザー名やパスワードもここで変更します。

 
受信メール(POP3) 設定完了通知書の
■電子メールの送受信に必要な情報
POP3サーバーの内容「www.●●●●.jp」など
送信メール(SMTP) 設定完了通知書の
■電子メールの送受信に必要な情報
SMTPサーバーの内容「www.●●●●.jp」 など
受信メールサーバー
ユーザー名
設定完了通知書の
■メールアカウント設定
アカウント名「●●●●●●」
受信メールサーバー
パスワード
設定完了通知書の
■メールアカウント設定
パスワード「●●●●●●●●」
※半角英数字・大文字(A)小文字(a)を区別します
送信メールサーバー このサーバーは認証が必要にチェックします。
その他 さらに「設定」ボタンを押し、下記の設定が必要です。

STEP

詳細設定の確認をします。
09

送信メールのポート番号を「587」に変更します。(※初期設定では25の場合が多いです)
※送信ポート番号はご利用のプロバイダの設定に準じますので、「587」以外の場合もございます。
その際は、プロバイダにご確認下さい。
一番下のサーバーにメッセージのコピーを置くのチェックを外して下さい。(※初期設定では入っています)
ここのチェックが入ったままですと、受信サーバーがいづれ満タンになり受信ができなくなってしまいます。

STEP

設定を完了します。
10

全てが完了したら閉じるボタンをクリックして完了して下さい。

以上で設定が完了です。