Outlook2016メール設定

Outlook 2016メール設定<設定変更>

下記の説明は、Windows版 Outlook2016 既存メールの設定変更の手順です。
バージョン違いのメールソフトご利用の方は、画面イメージが少し異なります。

STEP

Outlook2016メールを起動します。
01

メールの設定に必要な書類「設定完了通知書」をお手元にご用意下さい。

STEP

電子メールアカウントを設定します。
02

「ファイル」から「アカウント情報」画面へ移動します。
既存メールアカウントが表示されている事をご確認ください。(赤い点線部分)

「アカウント設定」から「プロファイルの管理」をクリック。

表示されたウィンドウの「電子メールアカウント」をクリックします。

STEP

アカウント設定
03

「電子メールアカウント」画面が表示されます。
変更したい該当のメールアカウント(赤い点線部分)が選択されている状態で「変更」をクリックします。

STEP

必要に応じて設定の変更をします。
04
「POPとIMAPのアカウント設定」画面が表示されます。
赤枠内の各項目を「設定完了通知書」の通りにご入力の上「詳細設定」をクリックします。
※設定の詳しい情報は「設定完了通知書」をご確認ください。
ユーザー情報
名前 送信先へも見える部分になるので、差出人が判別しやすい名称にしておく事をお薦めします。
電子メール 設定完了通知書電子メールアドレスを入力します
サーバー情報
アカウントの種類 POP3
受信メールサーバー 設定完了通知書の
■電子メールの送受信に必要な情報
POP3サーバーの内容「www.●●●●.jp」など
送信メールサーバー(SMTP) 設定完了通知書の
■電子メールの送受信に必要な情報
SMTPサーバーの内容「www.●●●●.jp」 など
メールサーバーへのログオン情報
アカウント名 設定完了通知書の
■メールアカウント設定
アカウント名「●●●●●●」
パスワード 設定完了通知書の
■メールアカウント設定
パスワード「●●●●●●●●」
※半角英数字・大文字(A)小文字(a)を区別します
パスワードの保存 パスワードを保存するにチェックを入れる

STEP

送信サーバータブ
05
「送信サーバー」タブをクリックし、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェック「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択し「詳細設定」タブをクリックします。

STEP

詳細設定タブ
06
「詳細設定」タブをクリックし、送信メールのポート番号を「587」に変更します。(※初期設定では25の場合が多いです。またポート番号はご利用のプロバイダの設定に準じますので、「587」以外の場合もございます。その際は各プロバイダにご確認下さい。)

次に「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外して下さい。(※初期設定では入っていますが、チェックが入ったままですと、受信サーバーがいづれ満タンになり受信ができなくなってしまいます。)

全て完了したら「OK」をクリックします。

STEP

「POPとIMAPのアカウント設定」画面に戻ります。
07

[次へ]をクリックします。

STEP

セットアップ完了
08

「すべて完了しました」画面が表示されます。
「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外し「完了」をクリックしてください。

以上で設定が完了です。